【暴露】ブログやアフィリエイトで稼げるキーワード7選【月5万は余裕です】

こんにちはニシジマです

いつも動画を見ていただきありがとうございます

高評価やチャンネル登録ありがとうございます

今回の動画では

ブログやアフィリエイトで稼げるキーワード7選

というテーマでお送りしていこうと思います

今回の動画の目的は

ブログやアフィリエイトで稼ぎやすい

キーワードについて理解していただくことで

早く収益をあげられるようになっていただくこと

ブログやアフィリエイトをやっていて

なかなか稼げません

稼げるキーワードは何ですか

という相談や質問をよくいただきます

稼げないっていう人の中には

結構効率悪いやり方をしてしまっている

可能性があると思います

ブログやアフィリエイトをやっていても

ただ闇雲に記事を増やしていけば

いいのではなくて稼ぎやすいキーワードで

記事を書かなければ収益をあげるのは難しいです

例えばブログやアフィリエイトでは

アクセスを集めるための集客記事と

収益を上げてアフィリエイトとするため

の収益記事っていうのがあります

収益記事っていうの書かないと

いくら集客記事を書いたところで

なかなか稼ぐことができないんですね

Adsenseの収益を狙って集客記事をたくさん書いて

PV数をひたすら増やしていくという戦略では

記事数が勝負になってしまうのですごく大変です

Adsenseの場合は1クリック数10円とか

それぐらいの報酬しか上がらないので

多くの記事数が必要になりますが

収益記事を書いてアフィリエイトをすれば

一つの記事で一件で数千円とか数百円とか

Adsenseに比べてかなり効率的

に報酬を上げることができます

そのため収益記事を書くことによって

効率的に稼ぐことができます

収益記事を書くときは

稼げるキーワードで書いていくというのが鉄板です

結論としては稼げるキーワードは全部で7つあって

一つ目がおすすめ

二つ目が比較、

三つ目が商標

四つ目が口コミ・レビュー

5つ目が体験談

六つ目が購入

7つ目が最安値になります

これらのキーワードは既に聞いたことがあって

もしかしたら

記事を書いてる方も多いかもしれません

逆にこういうキーワードはライバルが多すぎて

上位表示できないから

書いても意味がないんじゃないですか

と思われる方もいるかもしれません

確かに比較や商標名などで記事を書いても

強いライバルが上位表示していて

なかなか稼げないと思ってしまうのも分かります

収益記事を書かないことには

やはり稼ぐのは遠回りになってしまいます

この収益記事自体は上位表示ができなくても

集客記事から内部リンクでつなぐことで

アクセスを流して収益を上げることもできます

どうせ上位表示できないからと

書くのを諦めていた人は

今すぐ書いてみてください

書かないことには始まらないですし

狙ったキーワードで上位表示できていなくても

報酬が発生するってことはよくあります

今回の動画では

それぞれのキーワードについて

ただ解説をするのではなくて

「キーワードの検索意図」、「検索者の心理」を

理解して頂きたいので

それぞれの検索意図や記事を書くときのヒント

というのもお伝えしていきます

是非今回の内容をすぐにでも実践していただいて

報酬アップに役立てていただけたら嬉しいです

僕のチャンネルでは

ブログやアフィリエイトを中心に

個人がインターネットを使って稼ぐための

法律的な考え方や具体的なノウハウを

解説しています

最新の情報を手に入れたいよっていう方は

ぜひチャンネル登録お願いします

またtwitterでは動画よりも先に

最新の情報をつぶやいていますので

ぜひTwitterの方もフォローをお願いします

それぞれの項目について詳しく解説して行く前に

キーワードの検索意図について
少し解説しておきます

稼ぎやすいキーワードかどうかのポイントは

「購買意欲が高いかどうか」です

購買意欲が高いキーワードっていうのは

すぐに購入したい人が検索するキーワード

そのページの成約率が非常に高いのが特徴です

購買意欲が高いキーワードは

上位表示はできればもの凄く稼げるんですね

ただしその分ライバルも多くなってしまうので

上位表示が難しいという欠点もあります

もう少し深く解説します

キーワードを検索する人っていうのは

購買力が高いか低いかで

「潜在顧客層」と「顕在顧客層」というのがいます

潜在顧客層は

購買意欲がそこまで高くない人達で

悩みや問題解決の手段を探してる人たち

例えばダイエットで言えば

ダイエットの「方法」を探してるような人たちです

こういうキーワードは

月間の検索ボリュームが1万以上とか

比較的大きいキーワードです

こういうキーワードはすぐに購入をしようと思って

検索しているわけではないので

1ページで成約するっていうのは結構難しいです

一方で購買力が高い顕在顧客層は

既に商品の購入を検討していたり

サービスを申し込もうかなって思ってたりします

購入するのは決まってるんだけど

どれにしようか迷ってるとか

安く買える方法はないかなとか

購入を前提に動いているので

紹介している商品やサービスが

非常に売れやすくなります

ここで大事なのは自分が狙っているキーワードが

検索ユーザーの購買意欲がどの辺りにあるのか

どれぐらい高いのかっていうところです

より購買意欲が高いキーワードほど

上位表示ができれば稼げる可能性が高いですし

記事の内容もシンプルなもので十分になります

ユーザーが検索するキーワードの

検索意図や心理を考えることで

どんな情報求めているのかというのを

記事に書いてあげると

ユーザーの悩みや疑問に答えることができて

購入までこぎつけることができます

キーワードを決めて記事を書くときには

必ずユーザーの検索意図というのを意

意識するようにしましょう

今回紹介するキーワードは

稼ぎやすいキーワードの中でも

購買意欲が低いものから

購買力が高いものという

順番で話をしていきます

つまり購入までの距離が凄くある遠い所から

購入までがすごく近いところ

という順番でお話をしていきます

ここで注意して欲しいのは

購入までの距離がすごく近いからといって

ものすごく稼ぎやすいというわけではない

なぜかというと

当然稼ぎやすいキーワードっていうのは

ライバルが増えますし

それも上位表示が難しくなってしまうから

7つのキーワードについて解説をしていきます

僕が実際に稼いでいる

英会話教材を例にして

キーワードを解説していこうと思います

まず一つ目がオススメというキーワードです

人が何かを買おうと思ったりとか

何かを始めようと思った時に

検索しがちなキーワードが「おすすめ」です

おすすめってキーワードは

購買意欲が高いキーワードなので稼げます

何か始めようと思ったりとか

商品を購入しようと思って

情報収集をしている段階なので

購買意欲が比較的高いです

おすすめで検索する人の気持ちを

考えて頂きたいんですが

おそらく具体的にはこれという商品を

まだ決めていなくて

どれにしようかなーって考えてたりとか

たくさんある選択肢の中から

自分で色々検討したいという段階です

「なんとなく始めてみようかなー」とか

なんとなくこれを買おうかな頭に浮かんだ時に

入力するようなキーワードなんですね

例えば英語をやってみたいとか

英会話をやってみたいと思った時に

英語の教材ってどういうのがあるのかな

英語の書籍ってどういうのがあるのかな

初心者にはどんなものがおすすめなのかな

情報を集めるような場合ですね

おすすめというキーワードで記事を書く時は

誰に対しておすすめなのかを明確にするといい

初心者におすすめなのか中級者におすすめなのか

上級者におすすめなのか

そういった対象者っていうのを

しっかり書いてあげることによって

読んでくれている人が共感してくれやすいので

成約がしやすくなります

またおすすめのキーワードで記事を書くときには

方法をたくさん教えてあげるのも有効です

例えば「英会話教材おすすめ」

というキーワードであれば

初心者におすすめの英会話教材10選とかですね

おすすめで調べている人は

漠然と何か欲しいとかやりたいとか

思っているので、より多くの情報ですね

10選とか、10個ぐらい情報を示してあげると

喜ばれます

情報を一通り収集してから

その情報を自分でだんだん絞り込んでいく

取捨選択していく

そういう風に何かを買う時には決めていきますよね

他の例だとキャンプグッズおすすめ

という場合もそうですね

初心者がまず買うべきキャンプグッズ5選とか

そういう記事を書いてあげて

5つぐらいピックアップしたアイテムを書いていく

そのキャンプグッズがなぜおすすめなのか

理由や根拠を書いてあげて

5つぐらい紹介してく記事を書くイメージ

稼げるキーワードの二つ目が「比較」です

比較も稼げます。比較は

ある商品やサービスを購入しようというのは

なんとなく決まっているんですけど

どれにしようか迷ってるような状況ですね

Aという商品はこういうところがあるけど

Bっていう商品はこういいところがあって

Cっていう商品はこういうところがいいな

値段とか性能とかで比べているような状況

比較も購買意欲が高いキーワードです

いいものがあれば購入しようと思ってる状態なので

読者が納得できる商品を伝えられれば

成約につなげることができます

比較の記事を書いていくときには

どんな人になぜおすすめなのかということを

「場合分け」して書いてあげると良いです

例えば「語 教材 比較」というキーワードだったら

英語が全く初心者の方は

英語の初歩の初歩から勉強できるA教材か

学生の頃を受験英語は得意だったけど

今はさっぱりという方には

リスニングがしっかり勉強できる

移動時間でも学習できるB教材

とにかく英会話ができるようになりたい

早く喋れるようになりたい方には

よく使うフレーズ集が入ったC教材

というように

どの商品がどんな人におすすめなのかを

場合分けして書いてきます

そうすると自分が欲しいのはこの商品だな

というのを読者さんが選んでくれますので

欲しい商品が見つかった人は

その商品を選んで買ってくれます

実際に商品やサービスを比較する記事を書いて

行く時にはそれぞれの教材の対象者や

商品の特徴の比べてあげるといいです

A教材はまるまるという特徴があって

他の教材にはない特徴があります

B教材は特許を持っていて

今までになかった教材です

C教材は値段が安いので

とりあえず始めてみようという方にピッタリです

というように、それぞれの特徴やメリット

デメリットなどを比較して

おすすめな人を書いてあげるといいと思います

稼げるキーワードの三つ目は商標キーワード

商標キーワードは商品名+口コミとか

商品名+レビューといったキーワードです

商標キーワードは具体的に商品名とか

サービス名は知っているキーワードで

商品の情報を集めている人が検索するキーワード

商品には興味を持っていて

良さそうだったら買ってみようかなとか

使ってみようかなーとか

申し込んでみようかなとか

購買意欲が高いキーワードですね

これは超鉄板キーワードだといえます

商品のことを知っているキーワードなので

商品のことについて良さとか悪さとか

実際に使ってみた感想とか

そういうことを書いてあげると

ユーザーの疑問とか悩みというのを解決して

成約につなげることができます

消去キーワードは例えばですが

easyenglishっていう教材があったとして

easyenglish 評判とか

easyenglish 感想とか

easyenglish 口コミとかレビューとか

そういったキーワードですね

商標キーワードの場合は

既に公式ページを見てきている可能性が高いので

基本的には商品の販売ページに書いてあることを

書いてもあまり意味がないです

検索エンジンgoogleのseo対策の目的でも

販売ページに書いてある情報を

自分のページに書いたとしても

それはすでに存在しているコンテンツ

コピーコンテンツとなってしまうので

評価はされません

あまり意味がないです

商標キーワードの場合は

自分が使ってみた体験談や感想などを

写真付きで載せるといいですね

その商品を実際に使ってみた結果

どんな感じだったのか

どういう効果があったのかっていうの

書いてあげると

その商品を購入を検討している人が

納得してくれて購入につながりやすいです

ここでこれ注意して欲しいのは

商品の良い所ばっかり書くっていうのは

やめたほうがいいです

商品を売り込みたいサービスを申し込んで欲しい

という気持ちは気持ちは分かるんですが

良いところばっかり書いていくと

ステマだと思われてしまったりとか

売りたいだけなんだなというふうに思

思われてしまいます

あえてデメリットを書くっていうのもおすすめ

また手元にあるパンフレットとか

商品を購入した時についてくる説明書とか

購入した人にしかわからないような情報を

書いていくっていうのもおすすめです

さらに購入前にどんなことを考えていて

どんなことを検討したのかとか

どういう商品と検討してましたとか

実際購入後はどうなったのか

購入前に思って言ったことと

どう違っていたのかというのを書いてあげると

すごく有益な情報になります

例えば英語教材の例で言えば

購入前は初心者向けの教材で

すごく初歩の初歩しか勉強できないと

思っていたんだけど

初歩の初歩から始まって

だんだんステップアップしていって

中級者レベルまでしっかり勉強できる

単語だけじゃなくて文法とかリスニングも

一緒に勉強できる

これ購入前に思っていたことと

違っていたことでした

というようなことを書いてあげると

実はその商品の魅力を販売ページが

伝えられていない時には あなたのページから購入してくれる

きっかけになります

記事にオリジナリティが出ますので

googleからの評価も高くなりやすいです

続いて稼げるキーワードの四つ目

四つ目が口コミ・レビューですね

口コミやレビューは鉄板中の鉄板のキーワード

書いていない人は今すぐ書いた方がいいです

購買力が高いキーワードですが

検索する人も多くて稼ぎやすいキーワードの筆頭です

口コミやレビューは

商品名と組み合わせて検索されることが多い

キーワードですが

どんな商品でも検索される可能性がある

鉄板のキーワード

こでで、勘違いをしている人が多いんですが

口コミというキーワードは

世の中にある口コミを集めて記事を書けばいい

という風に思ってる人が多いです

amazonとか楽天とかアットコスメとか

インスタとかtwitterの口コミを書けばいい

というのではなくて

実際に使った口コミとかレビューっていうの

書いた方がいいです

口コミといいつつ商品の情報とか感想とか

というのを知りたいんですね

単に口コミサイトの口コミを集めてきただけでは

上位表示もできないので注意しましょう

これはレビューも同じです

口コミは女性の化粧品などで

多く検索されやすいキーワードで

比較的値段が安いものが多いという印象です

レビューは例えばiphoneとか何かのパソコンとか

ガジェットなどの値段が高めのもので

多く検索されるイメージで

これも実際は使ってみた感想とか

体験談を知りたいっていう検索意図があります

そのため記事に書いていくべき事は

実際に使ってみた体験談や感想というのが有益

口コミやレビューもそうなんですけど

メリットやおすすめの人だけを

書くのではなくて商品のデメリットや

おすすめできない人も書いた方がいい

デメリットがある方が記事の信頼性が増す増し

読者が自分で思っていたデメリットに納得できれば

購入につながるからです

これは心理学でいうところの

「両面提示」という言葉になります

悪いところと良いところを見せると

逆に信頼感がますっていう法則ですね

メリットだけを書いていくと

どうしても売り込み感が出てしまうので

悪いところも正直に書くと書くといいです

easyenglish レビューという記事を書く場合には

記事全てを通して

お勧めですとかすごく良かったです

もう完璧です!というような情報だけを

書いてくんじゃなくて

公平な目で客観的に見て

こういうところは良くなかったです

他の商品と比べてこういうところは欠点がある

そういった情報をあえて書くことで

その記事の信頼性を高めることができます

商標記事を書く時には

初めに前置きを書いたら

冒頭ですぐにアフィリエイトリンクを

置いた方がいいです

商標記事の場合は買うことが既に決まっていて

商標記事の場合は買うことが既に決まっていて

「商品名+~」で

検索するっていう人がいます

そういう人はそのページにたどり着いた時点で

すぐリンクをクリックして商品を購入してくれます

結構ラッキーな状況だと言えるんですけど

そういう人も拾えるので

早めにアフィリエイトリンクを一個

置いといてあげるといいです

こういう人たちを「今すぐ客」って言うんですけど

今すぐにでも購入したいような人たちですね

こういう人がすぐに購入できるように

なるべく冒頭の方にアフィリエイト

リンクを置いておきましょう

また記事の最後にも

アフィリエイトリンクを置いておくと良いです

では続いて稼げるキーワードの五つ目

五つ目は「使ってみた・体験談」です

レビューや口コミよりも

さらに購買意欲が高いキーワードで

これも実際に使ってみた感想や

体験談を求めています

ちなみに「試してみた」っていう

キーワードもあるんですけど

同じような検索意図だと思ってください

このキーワードで検索をする人は

もう購入するっていうのはほとんど決まっていて

申し込みをする前に感想とか体験談を知って

失敗したくないっていう心理が働いています

最近はこの試してみたとか使ってみた

体験談っていうのはyoutube動画でも

よく上がっています

記事に書くべき内容っていうのは

実際に使ってみた体験談とか感想が中心になります

ポイントは自分がどんな人かを書いた上で

自分なりの意見を盛り込むことです

つまり個人的な感想であるほうがいいんですね

自分が何歳でどんな仕事をしていて

今までその商品に関連するものは

どういうもの買ったことがあるとか

個人的な情報を書いてあげて

今回どうしてそれを買ったのか

ということを書いてあげると

同じような人が共感してくれるんですね

例えば「easyenglish 体験談」だったら

英語学習の初心者で英語を一からやり直している

30代サラリーマン

1日に使える時間は通勤時間の1時間ぐらい

実際に使ってみた体験談は

リスニングがもともと苦手だったのが

段々、洋画を見ていても

聞き取りができるようになっていきました

使ってみて良かったところはこういうところで

悪かったところはこういうところです

というふうに書いてくといいです

特に商品が存在しなくて

申し込まないと体験できないようなサービスは

画像とかをあげてあげるといいですね

例えばオンライン英会話などは

実際に申し込んでみて体験をしてみないと

その商品とかって存在しないので

全く分からないですよね

こういったサービスなどは

それを使っている時の

例えばパソコンの画面とか

講師と話している様子とかっていうのを

画像であげてあげるといいです

続いて、稼げるキーワードの六つ目

六つ目は購入または買い方です

「○○ 購入」というキーワードは

「購入方法」を探しているキーワードです

つまりもう買うことを決めているキーワードで

購買意欲が非常に高いです

このキーワードで上位表示ができれば

間違いなく売れます

ただその分ライバルもめちゃくちゃ多い

というのが特徴です

ここまでの比較とかおすすめとか

レビューとか体験談とか

そういうものを既に見てきた人が

購入っていう段階で入力するキーワードなので

購買意欲が高まっているんですね

「購入」で記事を書くときのポイントも解説します

購入で記事を書くときに必ず入れた方がいいのが

購入方法を画像付きで順番に書いてあげるといい

例えば英会話教材の購入だったら

購入ページに行って、商品をカートに入れます

そして自分の名前とか住所

メールアドレスなどを入力していきます

クレジットカードの番号を入力したり

銀行振込の場合は申し込みをした後に

指定の銀行口座に振り込みます

というように申し込みをして購入するまでの工程を

画像付きで順番に解説してあげる

番号を振ってあげて

ステップごとに書いていってあげるといいです

購入や飼い方の注意点としては

ただ単に購入方法だけを書けばいい

っていうわけではないです

商品のレビューや感想っていうのも

ページに書いてあげたほうがいいと思います

よほどの売れ筋商品の場合は

ライバルが多すぎるので

購入とかっていうキーワード狙っても

いいと思うんですけど

比較的新しい商品とか

まだそこまでライバルが多くない

商品っていうのは「購入」や「買い方」で

キーワード狙って行くのは非効率になります

結局記事の内容っていうのは

購入方法だけを書くんじゃなくて

その商品の感想とか口コミ書いてあげたりとか

体験談とかも書いてあげた方がいいからですね

「購入」のキーワードを狙っていく場合には

キャンペーン情報などがあれば

絶対に書いてあげた方がいいです

キャンペーン情報は

その時にしかない場合っていうのが多くて

他のサイトが書いていない情報で

ある可能性も高いです

なのでオリジナリティが出ますので

キャンペーン情報知ってる場合は

必ず書いてあげましょう

購入の場合も商標キーワードと同じように

初めの冒頭の部分にアフィリエイトリンクを

置いてあげるといいです

では続いて稼ぎやすいキーワードの七つ目

七つ目は「最安値」です

最安値というキーワードは購入と同じように

購入する事っていうのは決めていて

後はより安く買える方法

よりお得に買える方法を探しているキーワード

このキーワードも上位表示すれば

稼げるキーワードの筆頭です

多くの人が狙ってるキーワードで

ライバルが多いっていうのも特徴です

「最安値」で記事を書くときのポイントなんですが

購入方法をなるべく多く書いてあげる

というのが大事です

例えば「easyenglish 最安値」

というキーワードであれば

楽天で買えるとかamazonで買えるとか

公式サイトで買えるとか

どこが一番お得に買えるのか

楽天はいくらで、amazonはいくらで

公式サイトはいくらでとか

公式サイトで買うとおまけがついてくるよーとか

そういった情報書いてあげるといいです

後は結構重要なのはどこで買うと安心なのかも

書いてあげるといいと思います

例えば最近だとメルカリとかでも

いろいろ商品が中古で売り出されてるんですけど

中には商品の状態がひどいものがあったりとか

偽物があったりとかっていうことがありますので

安ければ良いって訳じゃなくて

安心して買いたい場合は公式サイトおすすめですよ

って書いてあげることで

あなたのページのアフィリエイトリンクから

買ってくれる可能性が高くなります

最安値の注意点としては

このキーワードもただ最安値情報を書くのは

非常に非効率になります

最近は最安値のキーワードで狙う場合でも

商品についての体験談とか

メリットやデメリット、感想とか

他の「レビュー」とか口コミで書くような内容を

しっかり書いているサイトが多いです

特に報酬が高くて売れ筋商品の場合は

ライバルがしっかり記事を書いてきますので

単に最安値の情報だけを書いても

上位表示が難しいので稼ぎにくいです

ではここまでの動画内容をまとめます

今回の動画では

ブログやアフィリエイトで稼げるキーワード7選

というテーマでお送りしてきました

結論としては稼げるキーワードは

おすすめ、比較、商標、

口コミ、体験談、購入、最安値というキーワードで

これはのキーワードは既に聞いたことがあって

記事を書いている方も多いと思いますが

今回の動画の内容を聞いていただいて

自分が気を付けてなかったこととか

気をつけた方がいいよってことに

気づいていただけたら

それを記事に反映してみてください

逆にこういうキーワードの

ライバルが多すぎて稼げないから

記事を書いていなかったって人は

今すぐ書くことをお勧めします

収益記事を書いて行かないと

稼ぐってのは遠回りになってしまうからですね

こういったキーワードは

書いた記事が上位表示できなくても

別で書いた「○○方法、○○とは」ど

というキーワードからアクセスを流すことによって

収益を上げることができます

どうせ上位表示できないからと

収益記事を書くのを諦めていた人は

是非書いてみてください

書かないことには始まらないですし

狙ったキーワードで上位表示できなくても

報酬が発生するってことはよくあります

今回の内容を是非実践していただいて

報酬アップに役立て頂けたら嬉しいです

今回の動画は以上となります

今回の動画が参考になったよって方は

是非高評価やチャンネル登録
よろしくお願いします

またtwitterでも動画では言っていない

最新情報などもつぶやいていますので

twitterの方もフォローをお願いします

ではまた次の動画でお会いしましょう

ご視聴いただきありがとうございました

関連記事

  1. 【いつから稼げる?】アフィリエイトで結果が出るまでの期間ってどれくらい…

  2. 【注意!】ブログやアフィリエイトのSEOで稼げないパターン7選【解決策…

  3. 【質問】1つのサイトでたくさんの商品の記事を量産するのはSEO上良くな…

  4. 【検索コスト】ブログの記事を上位表示してアクセスを激増させる考え方

  5. 【月10万稼ぐ】サイトアフィリエイトに必要な記事数【プロが教えます】

  6. 質問コーナー:時短で記事(ペラサイト)作成するコツ|サイトアフィリエイ…

  7. 【初心者向け】雑記ブログが稼げない理由と稼ぎ方を徹底解説【日記じゃ稼げ…

  8. 【必見】○○ 販売店というキーワードの注意点とは?

コメント

    • ラディアン
    • 2020年 5月 14日

    おすすめキーワードを一つは入れる記事を書こうと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

何でも聞いてください。24時間以内に返信します。

NEW!

  1. アフィリエイト入門

    アフィリエイトで読まれる記事作りの秘訣7選【稼げ…
  2. マインドセット

    【2020年】アフィリエイトはオワコン?【流れが…
  3. ブログ

    【注意!】ブログやアフィリエイトのSEOで稼げな…
  4. アフィリエイト入門

    【暴露】ブログやアフィリエイトで稼げるキーワード…
  5. アフィリエイト入門

    【5つある】ブログやアフィリエイトサイトの文章で…
  6. ブログ

    【どっちがいい?】雑記ブログと特化ブログの違いと…
  7. ブログ

    【初心者向け】雑記ブログが稼げない理由と稼ぎ方を…
  8. ブログ

    【初心者向け】特化ブログの作り方と記事の書き方を…
  9. ブログ

    【2020年最新】今稼げるアフィリエイトやブログ…
  10. インテリアフィリコラム

    【不幸になる】人生で絶対に関わってはいけない人5…
  11. 副業

    副業でアフィリエイトを始めると失敗する?【副業で…
  12. サイトアフィリエイト

    【月10万稼ぐ】サイトアフィリエイトに必要な記事…

AAFついに始動!