ブログ・アフィリエイト 動画講座

【保存版】売れるブログやアフィリエイトの記事を書くテクニック7選

今回の動画では

読んでもらえるブログ記事を書くときの

テクニックを7つ紹介していきます

今回の動画の目的は

本当に読まれたり

反応がある記事を

書けるようになることです

この動画を見ることで

あなたが得られるメリットですが

読まれて反応がある

ブログの記事やサイトの記事を

書くことができるようになりますので

アクセスが増えたり

アドセンスやアフィリエイトの報酬が

増えたりします

結論から言うと

ブログ記事で読まれるために必要な

7つのテクニック

これは今ちょっとここに出しますけど

まず一つ目が記事の概要を書くいうこと

二つ目がメリットを書くということ

三つ目が結論を先に書くということ

四つ目が理由や根拠を書くということ

五つ目がデータを示すということ

六つ目がURLを入れるということ

七つ目がまとめを入れる

ということになります

全部で7つですねこ

この7つのポイントを意識して

記事を書いたりとか

サイトを作成することによって

劇的に読まれる記事を書ける

読まれる記事が書けるようになると

Googleに評価されて、上位表示ができて

アクセスが増えたりとか

記事の反応が上がりますので

アドセンスやアフィリエイトの

報酬が上がります

これが僕の考えです

読まれる記事を書く理由

というのがありまして

Googleが記事とか

サイトを評価するときの

基準の一つになっているのが

ユーザーの利便性を向上する

っていう項目があります

このユーザーの利便性を向上する

っていうのが

Googleの理念であり

最も重要視している項目のひとつ

Googleの

ウェブマスター向け公式ブログ

ってのがあるんですが

その中に

品質に関するガイドラインっていうのが

あるんですけど

そこにユーザーの利便性を向上するのが

最優先事項であるって事が

書いてあります

利便性の向上というのは、つまり

検索してきたユーザーさんに

良い体験をしてもらう

これが記事の評価の

一つの基準になっています

簡単に言えば役に立つ記事を書けば

評価も上がるってことですよね

Googleも言っているですけど

「検索エンジン対策」をするんじゃなくて

ユーザーに役立つ記事を書けば

自然と検索エンジンの順位も

上がるって事です

ちなみに

このウェブマスター公式ブログとか

品質のガイドラインって

すごい役に立ちますので

概要欄にリンクを貼っておきますので

ぜひ定期的にチェックするように

してみてください

 

じゃあ早速

今日の動画の内容に入っていきます

 

ブログとかサイトの記事を書くときに

注意してほしいことがあって

現代人っていうのは

とにかく忙しいわけですね

とにかく早く効率的に

情報収集をしたいんです

これは意識的にやっているというよりは

情報が多すぎるので

効率的に情報を入手していかないと

どんどん、自分が欲しい情報に

たどり着けなくなってしまうから

ではひとつずつ

解説を加えていきたいと思います

これらのクニックっていうのは

ページの上から下に

進んでいくにしたがって

使っていただくテクニックになりますので

順番に上から下に解説をしていきます

実際にページの上から下に向かって

記事を書いてくようなイメージで

この動画の講義を聞いていただくと

実際に記事を書くときに

スムーズに実践できると思います

まず記事の上の方の

前置き部分に書いたほうがいいことを

解説します

まず一つ目が

「記事の概要を書く」ということですね

記事の概要を書いてあげることで

そのページを読み進めるかどうかの

判断の指標になります

記事の概要は

そのページの中に

どんなことが書いてあるのか

読むことでどんな情報を得られるのか

こういうことを

簡単にまとめてあげる

というのが記事の概要になります

ちなみにこの記事の概要ですが

初めに書かなくても

全部記事を書いた後ですね

最後にまとめ的な感じで

ページの内容を簡単にまとめるような

イメージで書いてあげると

簡単に書けると思います

続いて二つ目が「メリットを書く」

メリットっていうのは

このページを読むことで

どういった得な点があるか

どういった情報を得られるのか

どういったことが勉強になるのか

ということです

ページを読むことで得られる情報や

メリットを書くことで

読み手にとっては

読む理由が明確になります

人が読む理由が明確になったりとか

得をすることが明らかだとわかれば

その記事を読み進めたくなるんですね

記事を読む人は無意識に

この記事を読むのは

時間の無駄になるのかなとか

それとも、この記事を読むと

何か勉強になったり

得したりするのかな

ということを考えて

記事を読んで行きます

この記事を読んだら

こういうことが学べますよ

こういう情報が得られますよっ

ていうことを

あらかじめ先に書いてあげることで

よし記事を読んでみようという

インセンティブが働くんですね

ここまでの2つのテクニックは

本文の前に書く

ページの最初の方に書く情報こ

こから先は本文を書くときに

使っていただく

テクニックを解説していきます

では、続いてて三つ目ですが

三つ目は「結論を先に書く」

結論から先に書くことで

まずは、検索ユーザーが欲しい情報

一番に知りたい情報っていうのを

先に得てもらうことができます

それによって検索ユーザーは

ある程度情報を得られたことで

満足をしてくれます

つまり結論を先に書くことで

情報コストを削減しているんです

情報コストの削減ができると

記事の評価が高まります

情報コストの削減については

別の動画で詳しく解説していますので

まだ見たことがないという方は

必ず見ておいてください

今回紹介しているテクニックよりも

本質的な考え方になりますので

非常に応用が利きますし

必ず知っておいた方が良いこと

情報コストを削減すると

サイトの信頼性が高まって

リピーターがまた来てくれるという

メリットもあります

続いて四つ目のテクニックですね

四つ目のテクニックは

「理由や根拠を書く」

具体的には一つ

一つ文章を書いた時に

それに合わせて

理由や根拠を書くということです

理由や根拠を書くことで

どんなメリットがあるかというと

文章を読んだ時に

理由や根拠があることで

説得力が増します

また、理由や根拠があることで

納得して次を読み進めてくれる

記事を読んでくれている人っていうのは

あるとき疑問に思ってしまったことが

そのまま解決されないで

疑問が残ったままになってしまうと

ある程度疑問が溜まってきた段階で

「もうこのページはちょっと
言ってることがわからない」

というように

ページを離脱してしまうんですね

なので

意見とか主張とかっていうのを

書いた時には

理由や根拠っていうのを

必ずセットにしてあげるといいです

意見や主張、理由や根拠

意見や主張、理由や根拠

というように

セットにしながら

話を進めていくと

細かい疑問を解決しながら

話を進められるので

記事を最後まで

読んでもらいやすくなります

続いて五つ目のテクニックですね

五つ目のテクニックは

「ソースやデータを示す」

理由や根拠を書いた後に

ソースやデータを示してあげると

その理由や根拠を裏付ける

強い要因になります

人間っていうのは

客観的なデータとか

ソースとかってのがあると

納得しやすいんですね

これは説明をいっぱいしたりとか

分かりやすい説明をするよりも

客観的な数字とか

参照元のソースってのがあった方が

はるかに納得しやすい

つまり、あなたの意見や主張が

本当かどうかっていうのを

客観的に示すために

ソースやデータっていうのを

示してあげるといいんです

これをすることで

書いてあることに説得力が増しますし

信頼性も増しますので

その先の記事も

読み進めてもらいやすくなります

結構、この参照元とか

データを示すってのは

めんどくさいんですけど

かなり効果的です

六つ目ですね

六つ目は「参照先のURLを入れる」事です

例えば

お店の情報を書いた後に

お店の公式ページを書いてあげる言う事です参

参照先のURLを入れる理由は

利便性の向上です

単純に参照先のURLっていうのは

書いてあった方が

読み手としては便利ですよね

お店に行こうと思って

お店の情報が書いてあって

お店のレビューとか書いてあっても

そのホームページのURLが

書いてなかったら

どうやってその店に行けばいいのか

分からないですよね

そこにお店の公式ページのURLが

貼ってあれば、クリックして

お店の情報を得ることができますよね

また、Googleが記事やサイトの

評価をする基準の一つに

ユーザー行動というのがあります

ユーザー行動っていうのは

そのユーザーがサイトに訪れて

どういう行動をとったかっていうこと

そのページ内にあるURLをクリックして

目的のサイトに入ったことで

検索ユーザーの目的が達成されたと

考えることができます

つまり、検索していたユーザーが

目的としていた情報に

たどり着けたってことですね

これにより検索ユーザーは

自分が取りたかった

望ましい行動を取れた

ということになりますので

そのサイトやブログっていうのは

検索ユーザーに価値があったと

(Googleに)判断されると思っています

なので、

他のサイトに入ってしまったら

もったいないとか思ってしまって

そういうスケベ心が働いてしまうと

URLを書かないっていうことを

やってしまうんですが

参照先のURLを入れないっていうのは

やめたほうがいいと思います

また参照先のURLっていうのは

実はその参照先が

そのページの情報と関わりがあるか

ということも

Googleから見られてると思いますので

関連性のある参照先を

書いてあげることで

そのページ自体の専門性も高まると

僕は考えています

最後の七つ目

七つ目は「まとめを入れる」

まとめを入れることで

今まで書いてきた内容

説明してきた内容を

一旦整理して伝えることができます

読み手の頭の中を

一度整理してあげることで

覚えてほしいことと

理解を促すための解説

これを整理してあげて

記憶に残りやすくすることができます

頭の整理がついて

役に立ったことが

記憶に残りやすいと

ユーザーの満足度が高まります

まとめを書くときの注意点が

一つあって

よく、「いかがでしたでしょうか」と

書く方がいるんですけども

これは最近は

書かない方がいいと思います

その理由は

「いかがでしたでしょうか うざい」

Googleのサジェストが出ていたりとか

いかがでしたでしょうかっていうことが

押し付けがましくて、どうも日本人は

あんまり好きじゃない傾向があるようです

日本人特有な感覚だと思いますが

「どうこの記事役に立ったでしょう?」

って言われると

なんか気持ちとして

嫌な気持ちがするようですね

では、今日の動画の内容をまとめますと

ブログ記事を、

読まれる、反応がある記事にするために

必要な7つのテクニックとしては

まず一つ目が記事の概要を書く

二つ目がメリットを書く

三つ目が結論を先に書く

四つ目が理由や根拠を書く

五つ目がデータを示す娘

六つ目がURLを入れる

七つ目がまとめを入れる

でした

これらの七つのポイントを意識して

記事を書くようにするだけで

記事の反応とか

記事が読まれる時間

とかっていうのは

劇的に改善すると思います

読まれる記事になると

Googleに評価され

上位表示ができて、アクセスが伸びたり

反応が取れるようになるので

アドセンスのクリック率が上がったり

アフィリエイトのリンクが

よりクリックされるようになり

報酬が上がります

これが今回お伝えしている

7つのテクニックに対する

僕の考えです

今回の動画で紹介した内容を

是非実践していただくことで

読まれて反応がある

ブログ記事が書けるようになり

アクセスが増えて

アドセンスやアフィリエイトの報酬が

上がると思います

今回の動画は以上となります

 

-ブログ・アフィリエイト, 動画講座
-,

Copyright© リベラルライフスタイルブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.